FC2ブログ

ぽこにっき東京理科大学を拠点に活動する劇団ポコポコオフィシャルブログです

2018-05.28 Mon君たちはどう生きるか  [塚原 優]

Time[23:11] Comment[0] Trackback[0]

こんにちは、45期IAの塚原です!これからどうぞよろしくお願いいたします。
タイトルは最近読んだ本です。内容には全く関係がありません。笑
ところで今は自宅にいるのですが、同じ部屋に45期が僕以外に4人、44期が1人います。謎ですね。

さて、記念すべき一度目ですし、かなり時間もありますんで演劇について語りますか。長くなりますが読んでいただけるとうれしいです!

演劇は高校から始めました。実は舞台に立ったこと自体はほかの場面で多々あったのですが、演劇として初めて舞台に立ったときに衝撃を受けました。こんなに難しいものが存在してるのかと。
それ以来めちゃくちゃ嵌ってます。めちゃくちゃ難しいからこそめちゃくちゃ楽しいって感覚です。自分にハマる役、ハマらない役、どちらもやることはありますが、その時々で自分がどう動けばどうなるのか、他の人に対しては?舞台装置は?音響、照明は?
それを考え、実行している時がこの上なく楽しいのです。

感覚的になってしまいますが、演劇を作り上げるにはそれ相応の熱量が必要なものだと思っています。
もちろん人によって演劇にかけている熱は違いますし、その中でもどの部分にかけるか、熱がどんな色なのか、それは本当に様々です。
ですがそこで、各々が持つ熱量を各々が果たすべきところで使い、そのバランスを調整し、増強し、まとめ上げる事で初めて人に見せられる演劇が出来ると思っています。その過程では当然いざこざは起こってしまいますがねw

僕らも僕らが持ちうる熱量がまだどれぐらいなのかはわかっていません。大学からのメンバーも多いですからね。
けれども僕は変わらず、僕が持つ熱量を使って全力で演劇を作りに行きます。それで何ができあがるのか、皆さんで見ていただけるとうれしいです。

新人公演は7月1日を予定しています。どうぞ、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト