ぽこにっき東京理科大学を拠点に活動する劇団ポコポコオフィシャルブログです

2017-10.27 Friこの記事タイトルって何文字書けるか気になったんで誰か代わりに試してください頼んだ!  [未分類]

Time[02:16] Comment[0] Trackback[0]

寒くなって来ました今日この頃、皆様いかにお過ごしでしょうか津吉です。
本当は、夏公終わった後に演出として「皆んな、この夏はありがとう!最高の舞台だった。もう悔いはありません。」というブログを書くべきだったというか書かなければいけなかったんでしょうが燃え尽き症候群と供に持病のまっ、いいか病も併発してしまい。心苦しくもブログを書く手はPS4のリモコンへと伸びてしまいました。かぁーっ!最低だな僕、ドラクエ11が楽しくて楽しくてかぁーっ!
このまっ、いいか病、この世のありとあらゆる不足、困難、不満、不条理に対応し受け流しクールにクレバーに対応できるのですが、その万能性故に例えば「これブログかかなきゃヤバいぞまっ、いいか」ともはや悟りを開いたかのごとく流してしまうのです。
なら夏公も悟りの心を持ち、この世にはびこる飢餓や戦争に比べたらと流してしまったかというと決してそんなことはなくウオッチメンのロールシャッハのごとく妥協せず。全身全霊と言う言葉を体現させていただきました。その結果本番という戦場を乗り越えた僕は、Dr.マンハッタンにひき肉にされ、夏の間持っていた鋼の如き固さと騎士の如き高潔さを持った僕の精神は粉々になり昔ながらの屑なんじゃないかなと言ってしまえる汚物イコール精神が帰って来たんですね。おかえり。

さてダラダラと適当に言い訳しましたが話を
今回の文化祭に移しましょう。なんと今回の劇で僕含め42期最期の公演ですね。この3年間の最期だと思うと非常に感慨深い物がありますね。いやー泣ける泣ける。なんで僕こんな頑張って来たんですかね。本当色々ありましたよ、4,5人消えましたからね42期は。感覚としては夏公のサマータイムマシンブルースに近いきがしますね、すごい楽しかった気がするけど特に残るものがないという。感動や涙ないひたすら修羅場とバカみたいな。欲しかったなー感動、それだけが夏公の心残りですね。最近のポコポコには感動や涙やシリアスが足りないと周りに愚痴っていたんで最期はお涙ちょうだい展開で涙の42期最終本公演をやりたかった。やっぱコメディは泣けないですよね。まぁ涙展開は次回の42期の最終公演の文化祭公演に期待ですね。演出の田代君の脚本はシリアスですから、もう泣ける泣ける。

これで書きたいことは大体書き終わりましたね。このブログもあと一回くらいですかね。次回のは最期だしもうそれこそ長文の読んだ人々をクーってさせる締めにふさわしい文章を書きたいですね。でも持病がでてまうかもしれないので頑張りたいです。はい。
こう書いてる自分が悲しくなってる今日この頃。これでブログを次回に続くことを祈って終わらせたいと思います。
絶対いないと思いますが、いたら謎の心配にかられますが、もしこのブログを見てる人が居ましたら最期の学祭公演の「今日はいい日だ」をよろしくお願いします。これは嘘ですが、スターウォーズと君の膵臓を食べたいをオマージュした愛と正義はどちらが重いかをテーマにした老若男女が見るべき劇となっています。泣けますよ。
それじゃこんな感じでまた次回( ・´ー・`)
スポンサーサイト