ぽこにっき東京理科大学を拠点に活動する劇団ポコポコオフィシャルブログです

2017-10.27 Fri(オタク特有の早口)  [未分類]

Time[00:00] Comment[0] Trackback[0]

どうも、田代班演出の田代です。

なかなか場練が進まなくて苦労してます^^;

僕自身、夏公にほとんど参加できなかったため、演劇リハビリ中みたいなところもあり、しっかり演出の役割を果たせていないのが原因ですね、頑張ります。

前は普通だった毎日の練習も、最近では家に帰った途端寝落ちてしまうくらいにはくたくたです。

せっかく買ったイカのゲームも全然できてません……

さっさとこの習慣に慣れていきたいところです。



さて、今日は少しだけ、ほんの少しだけ脚本のお話をしようかなと思います。

脚本の話とはいってもネタバレは全く含みませんのでご安心ください(笑)


今回の脚本は、この学祭公演のために用意していたものではありませんでした。

もともとは確か僕が1年の春公か2年の夏公のどちらかで出そうと思っていたやつだったと思います。

その時から温めていた、というか話の流れはずっと考えていたので、今回それをちゃんと形にしようと思ったわけですね。

いつもはギャグというかコントというか、あんまり中身がないような話しか書かないので、脚本決定会議の際、僕が「ドシリアスな脚本です」と言っても誰も信じてくれませんでした。

実際ドシリアスでは全くないのですが、いつもの脚本とは毛色が違うので、完本したものを読んで、みんな少し意外そうにしていたのが印象的です。

それと、この脚本の裏、というか僕の中のテーマというか、それをわかってそうな人がいなかったのが、ちょっと脚本を拗らせすぎたかななんて思ったり思わなかったり(笑)

話自体は全然難しくはないんですけどね。

学祭当日、お客様にこの脚本のテーマに気づいていただけるのか、という不安にも似た期待を密かに持っています。


それでは、長くなりましたがこれにて失礼します。

学祭まであまり時間がございませんが、みなさんに楽しんでいただけるよう頑張っていきたいと思います。

それでは。ノシ



スポンサーサイト