FC2ブログ

ぽこにっき東京理科大学を拠点に活動する劇団ポコポコオフィシャルブログです

2015-08.14 Fri祈りをかける者がいなくとも、星は流れる  [未分類]

Time[19:50] Comment[0] Trackback[0]

「星の世界に天使がいてね。天使たちはとっても耳がいいから、地上で泣いてるひと、苦しんでいるひとの心がきこえるの。それを心配した地上の様子を知ろうとするの。
でもね、天使の羽根は星の世界を飛ぶためのもの。地上に近づきすぎた天使は、そのまま流れ星になって空から落ちてくる…
……だけどね。自分の命と引き換えに、天使は……流れ星はひとの祈りを叶えてくれるんだ」

冒頭から失礼いたしました。ポコポコ40期の神垣です

今回の劇の題名は「流れ星」です。
それにちなんで僕の好きな小説の登場人物の台詞を引用させて頂きました。
引用元は「仮面ライダー 1971-1973」です(著:和智正喜、出版:エンターブレイン社)
自分に降りかかる過酷な運命に負けない戦士達を描いた、とても素晴らしい小説ですので、興味がある方はご一読する事をお勧めします

もちろん、今回僕達が演じさせて頂く「流れ星」もこの作品に負けず劣らずの笑いあり、涙ありの心温まる話となっております!

是非皆さん劇場に足を運んで下さい!そして泣いて下さい!
劇団員一同お待ちしております


スポンサーサイト