FC2ブログ

ぽこにっき東京理科大学を拠点に活動する劇団ポコポコオフィシャルブログです

2014-11.18 Tueこれでここにブログ書くの最後なんで真面目なこと書きます。  [未分類]

Time[15:43] Comment[0] Trackback[0]

と、言ってしまったんでね…前回。
こんにちは、劇団ポコポコ39期の村上周平です。

さて、何書きましょうか?タイムリーな話題描きますか?
でも、政治・経済・国際問題みたいな社会問題についてかいても、理系の大学生が書くようなことじゃなさそうなので、最近のことを。

10月にさかのぼりますが、TSUTAYAでクレヨンしんちゃんの「オトナ帝国の逆襲」を借りたんですよ。よくクレしんの最高傑作といわれてますが、やっぱりあのシーンですよね。バスの上でしんちゃんが悪のボスの車に…じゃなくて、ひろしの回想シーン。あれが公開されたのは2001年。21世紀最初の年。13年前、僕もまだ8歳です。親に連れられて映画館に行きました。あの時見たひろしのシーンは何もわからなかったのですが、親がものすごく泣いてたのを覚えています。それ以来じっくり見たんですが、あのシーンは涙腺崩壊ですね。昔はよかったですよね。僕も、幼稚園の頃友達と家で遊んだこと、家族でスペイン村に行ったこと、小学校の友達と公園でけいどろして遊んだこと、中学の卒業イベントで衝撃のコスプレでチアダンスをしたこと。高校時代の水泳部仲間と最高の夏を過ごしたり、ディズニー行ったこと、大学生になって、カラオケのバイト仲間との出会いで自分を大きく変えることができたこと。そして、この劇団ポコポコに入って演劇を初めてやったこと、そして39期の仲間に出会えたこと。今まで振り返ると、嫌なこともありましたが、楽しいこともありました。

ポコポコを引退したら、周りはどうかわかりませんが、僕は就活に入るでしょう。
引退まであと1週間切りました。千秋楽、僕は泣いてるかもしれません。涙もろいので(笑)そのときは「あいつ泣いてるよ、一体いくつだよwww」と笑ってください。

僕の大好きなサザンオールスターズの桑田さんがライブで「美しい思い出も大切だけど、人生はこれからを夢見ること」といってました。残りのサークルライフ思いっきり楽しんで、これからもいろいろと頑張ります。
というわけで、真面目に書けたので、これで締めたいと思います。約2年半、拙い文章も書き続けましたが、最後に、
劇団ポコポコ2014学園祭公演自分が参加しています、劇団ひまつぶし「Stingers」
そしてもう一つ。劇団きみしに「ロビンフッドの義心」是非ご来場ください!!

では、村上のブログは、今日まで~!2年半、ありがとな~!!
スポンサーサイト