ぽこにっき東京理科大学を拠点に活動する劇団ポコポコオフィシャルブログです

2014-06.30 Mon新人公演だったね  [未分類]

Time[23:31] Comment[0] Trackback[0]

今回の公演の演出を務めさせていただいた山内です。
毎回演出は公演が終わってからブログを書くことが通例になっていますね。
まあ知らないふりしとけばばれないかなあとも思いましたけど、公演期間中あんだけ書け書けうるさく言っておきながら自分で書かないのもアレかなと思いまして、こうしてカタカタキーボードを叩いています。

今回の公演にお越し頂いた方は本当にありがとうございました。公演中に事故が発生した時にも落ち着いて復旧を待っていただいた上に、復旧した時には暖かい拍手を下さり劇団員共々とても励みとなりました。本来であれば、私たちがご来場いただいた皆さんに元気をお届けするはずであったのに、逆に元気を頂く形となってしまってどうお礼を述べてよいかわかりません。また、せっかくお越し頂いたのに完全な形で劇をお見せできなかったことを心よりお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

以上演出からでした。




で、書き終わろうとも思いましたがもうちょっとだけ続けますかね。

まだ公演が終わった実感を持っていなかったのですが、上のような文章を打っていると「嗚呼、終わったのだなあ」と少しずつ実感が沸いてくるものですね。
今回は本当に波乱続きの公演でしたね。公演中止の瀬戸際が何回かあったり(?)まあいろいろなことがありました。
そんな中でもちゃんと私についてきてくれた40期、41期のみんなには感謝してもしきれません。ありがとうございました。
特に新入生は初めての舞台であんな事故があったりしていろいろ動揺したと思うのに最後まで堂々と舞台に立ってくれて(本番は私は殆ど観る余裕がなかったんですが)本当に感謝するとともに申し訳ありませんでした。
まあ、きっとみんな胆力がついてちょっとやそっとのことじゃ動揺しなくなったと思うよ、うん。いい経験になったね、うん。

いやー、でも、実際本番中に照明が落ちた時はもう死ぬかと思いましたねえ。ははははははは。前日のゲネでも全く同じ落ち方をして、それなりに対策もしたのですが、まさか本番も落ちるとは...。本番中に照明が落ちるのはここ10数年で初めてらしいです...。復旧の時、裏ががたがたうるさかったと思いますが、あれは殆ど私です。お騒がせしました...。

ゲネの後、一晩で対策マニュアルを作ってきてくれた舞監の山田君には感謝感謝です。思えば今回のような事件が続く公演期間のなかで、私が演出に集中し続けられたのも40期に安心して各スタッフを任せられたからだと思います。
劇の雰囲気に合った素晴らしいプランを作って来てくれた音響、照明、いい感じのパネル作ってという無茶振りに応えてくれた大道具、とても立派な薔薇の花束をさらっと作ってきた小道具、美しいパンフ、ポスター、DMを作ってくれた制作、ファッションセンス0の演出を支えてくれた衣装、仕込み、バラシは言うまでもなく事故が起こっても公演をなんとか最後まで終わらせてくれた舞監、各スタッフの方々本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました。

なんかだらだらかいてたら結構長くなってしまいました。そろそろ終わりにしますかね。
それでは皆様、今度は夏公演でお会いしましょう。
スポンサーサイト