FC2ブログ

ぽこにっき東京理科大学を拠点に活動する劇団ポコポコオフィシャルブログです

-----.-- --スポンサーサイト  [スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2018-07.21 Sat記憶の夜明け  [未分類]

Time[09:30] Comment[0] Trackback[0]

こんにちは、45期の塚原です!
突然ですがポコポコをやめることになったので、僕はこれが(多分)最後のブログ更新です!

さて、別れとなると僕が真っ先に思い浮かべるのは「勧酒」という詩(井伏鱒二訳)です。
勧君金屈巵 満酌不須辞 花發多風雨 人生足別離 
訳)この杯を受けてくれ どうぞなみなみ注がせておくれ 花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ

この詩で一番印象に残るのはやはり「さよならだけが人生だ」という一節でしょう。
確かに別れは人生において大きなファクターとなります。けど正直それだけじゃあなくないですか?w
誰かと出会わない限り別れは起こらない訳ですし、別れを体験したからと言ってその間の記憶が失われる訳じゃあないし、ましてや今の時代だったら距離的な「別れ」なんてあってないようなものですからね。いつでも連絡が取れるのは別れを希薄にしちゃいました。いいことばかりじゃないですけどねw

しかし別れは確かに悲しいものです。その間の記憶が失われないということは、逆に言えばその間の記憶が残り続けてしまい、人によってはそれに執着することになってしまいますからね。

でもですよ、それってめちゃくちゃ幸福なことだと僕は思うんですよね。過去に縋れるってのはその過去が、未来を時間軸の原点におけば過去になり得る今がとても充足しているってことなんですから。

新人公演で円陣を組んだ際、演出の山内さんが「凱旋」という言葉を使いました。ちなみに山内さんに劇ポコやめますっていったときには「俺凱旋とか言っちゃったのに...」って言われました。ごめんなさいw
凱旋は戦いに勝って帰ることを言うそうです。戦いでは戦死もつきものです。つまり別れもあります。
ですが、別れという戦いも含め、戦いに勝たなければ凱旋は一生出来ません。

どうか劇ポコには凱旋し続けてほしいものです。そうでないとこの別れが意味のないものになってしまいますから。そして、充足している今だからこそ体験することが出来る戦いと、戦いの後に来る鮮やかな夜明けを皆さんで味わってほしいと思います。

塚原 優
スポンサーサイト
  

2018-06.13 Wedすばらしきこのせかい  [未分類]

Time[22:13] Comment[0] Trackback[0]

こんにちは、45期の塚原です。
新人期間始まって2度目のブログです。だんだん2回目の人も増えるのかな?
ちなみに前回のブログ以降「優ん家は俺(私)の家」と言い出した人が2人います。謎ですね。

正直書くことないんで、言葉についての話をします。

僕が高校生の時に年に一回自由研究をして発表するという機会があり、そこで僕の友人が言葉についての研究をしたんですよね。リンゴにいい言葉と悪い言葉をかけ続けて変化を観察するやつ。結果としては悪い言葉の方はすぐ腐っちゃって感動しました。
その発表を聞いて以来僕は言葉の強さみたいなものを強く信じるようになって、意識変えるためにわざとポジティブな事言ったりもします。

で、特に「素晴らしい」って言葉が好きなんですよね。オールマイティ感すごい。ご飯食べてるときにとりあえず「素晴らしい(素晴らしくおいしい)」っていったら結構本気でおいしい感じするし。人のいい点褒めるときとかも結構使ってるかもしれない。まぁちょっとした口癖になっちゃってるんですよね。

実際、自分があんまり気に入らない事を口にするよりいいことを話す方が精神的衛生上いいですよね!!
というわけでみんな是非ともいいことを言っていきましょう。いろんな事に素晴らしいって言っていきましょう。あと好きとかおいしいとか。ご飯食べるときにおいしいっていうのはマジでおすすめです。おいしいって言って不幸になる人多分いないし!!

あと新人公演に来ましょう。日程が変更になりましたが、とりあえずやります。なんで是非とも見に来てください。そして「素晴らしかった」って言ってくださるとめちゃくちゃ嬉しいです。そのために頑張ります笑

ちなみに僕の友人に「その口癖、どこぞのウザい英国紳士みたい」って言われたことがあります。
さして素晴らしくなかったようです。
  

2018-05.28 Mon君たちはどう生きるか  [未分類]

Time[23:11] Comment[0] Trackback[0]

こんにちは、45期IAの塚原です!これからどうぞよろしくお願いいたします。
タイトルは最近読んだ本です。内容には全く関係がありません。笑
ところで今は自宅にいるのですが、同じ部屋に45期が僕以外に4人、44期が1人います。謎ですね。

さて、記念すべき一度目ですし、かなり時間もありますんで演劇について語りますか。長くなりますが読んでいただけるとうれしいです!

演劇は高校から始めました。実は舞台に立ったこと自体はほかの場面で多々あったのですが、演劇として初めて舞台に立ったときに衝撃を受けました。こんなに難しいものが存在してるのかと。
それ以来めちゃくちゃ嵌ってます。めちゃくちゃ難しいからこそめちゃくちゃ楽しいって感覚です。自分にハマる役、ハマらない役、どちらもやることはありますが、その時々で自分がどう動けばどうなるのか、他の人に対しては?舞台装置は?音響、照明は?
それを考え、実行している時がこの上なく楽しいのです。

感覚的になってしまいますが、演劇を作り上げるにはそれ相応の熱量が必要なものだと思っています。
もちろん人によって演劇にかけている熱は違いますし、その中でもどの部分にかけるか、熱がどんな色なのか、それは本当に様々です。
ですがそこで、各々が持つ熱量を各々が果たすべきところで使い、そのバランスを調整し、増強し、まとめ上げる事で初めて人に見せられる演劇が出来ると思っています。その過程では当然いざこざは起こってしまいますがねw

僕らも僕らが持ちうる熱量がまだどれぐらいなのかはわかっていません。大学からのメンバーも多いですからね。
けれども僕は変わらず、僕が持つ熱量を使って全力で演劇を作りに行きます。それで何ができあがるのか、皆さんで見ていただけるとうれしいです。

新人公演は7月1日を予定しています。どうぞ、よろしくお願いいたします。
  

2018-03.23 FriNot So Bad  [未分類]

Time[10:25] Comment[0] Trackback[0]

どうもこんにちは。新屋敷です。
今回の新歓公演では演出を担当することになりました。
私自身、演出をするのは初めてなものでわからないことが多くてあたふたしております。
先輩方の偉大さを身にしみて感じますね。
でも大変なことばかりではなくて実際に演出をしてみるとキャストのときには気づかなかったことなど色々知ることができて楽しかったりします。
正直不安でいっぱいですが、新入生のみなさんに楽しんでもらえるような、劇団ポコポコがどういう雰囲気のサークルなのか伝えられるような劇をお届けできたらなと感じます。
キャスト・スタッフ共々新入生に会えることを楽しみにしておりますので是非来てやってください。

新歓公演 "Not So Bad"

4/14(sat)・4/21(sat) 東京理科大学 野田キャンパス 講義棟 でやってます。
  

2018-03.20 Tue一期一会  [未分類]

Time[22:59] Comment[0] Trackback[0]

お久しぶりです!

最近モンハンばっかりやってますね~。あれ、装飾品集めるようになってからが本番だと思ってます。
如何に根気があるかがもう勝負ですね。
僕は根気がないのでドラマでも見てます。

つい先日、とある映画の舞台挨拶に行かせていただきました。
かなり前のほうの席で映画はとても見辛かったのですが、舞台挨拶のほうはしっかりキャストの方々が見える場所でした!
やっぱり実物は画面越しで見るよりかなりカッコよかったですね。
グランドフィナーレも行きたいと思います!

さてここからは新歓の話。。。
まあ、ココを見てくれている新入生はかなり少ないか、いないに等しいと思ってますが
「先輩のブログ見ました!」
と言っていただけると今なら部費が50%offです。(嘘です)
でも、そういってくれると話しやすくなったりするのでガイダンスとかでジャンジャン言ってください!

新歓ガイダンスは4月8日K504で行います!
もしよかったら覗いていってみてください!待ってます!


  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。